全国同和社は全國水平社創立より、一世紀を迎えようとする今、崇高なる理念を正しく継承し、転生す。光よ全ての者を照し、恵みあれ、風よ人の世の未来に幸となれ。

 (法務局登記番号:1600-05-010309) 
          

同和社のシンボルマーク

基本的理念


全国同和社の旗全国同和社は、基本的人権の精神にのっとりすべての国民が等しく享有されるべき市民的権利と自由が、部落差別によって侵害されているすべての事実について具体的に明らかにし、これを可及的速やかに完全解決するための国の責務と国民的課題の遂行について改めて提起するとともに、全国民の賛同を得ながら対象地域を中心として民主的な運動を進める中立公正な全国的大衆運動団体である。我が国は民主国である。社会生活のあらゆる面で、民衆の自由と平等を尊重し、広く人民全体の利益と幸福の為に人民の手により自由・平等の社会を築こうとする精神、及び其の精神を具現した制度さす、民主主義は国民の総意であるが、階級制度の因襲を打破払拭し、同和問題の解決をなくしてわが国に真の民主主義は絶対にありえない。同和問題の解決は真の日本民主化の重要な国民的課題である。同和問題、即ち部落の完全な解放は、一般労働者を中核とする農民・漁民・勤労市民、青年、婦人、知識人などの全ての圧追された人民大衆の解放闘争の勝利によって、日本の真の民主化が達成された時、はじめて実現するのである。
それ故に同和問題の解決、部落解放運動は平和と独立と民主主義の為の広範な国民運動の一環であり、其の為の統一戦前の一翼であることを国民に深い理解を求め、吾々全国同和社は国民と共に真の同和問題の完全なる解決と真の民主国立の完成を目指して融合し連帯した運動の展開を強く望むのである。
この二つの両輪を国民と共に左右からお仕立て邁進すれば、其処には吾々、全国同和社が唱える「無差別平等の同和社会」とは全ての者の幸福に差別がなく、全ての者の利益に差別がなく、全ての者の自由に差別がなく、そして全ての者の平等にも差別がないと云う理想郷であるが、其の完成が在り、醜い浅はかな争いが在る処に差別が在り、差別の在る処に、これもまた醜い浅はかな争いが在ると云うのでなく、平和で裕福な理想郷が存在することに聊かの疑念も持たずに遍く人々を、まるで兄弟の如く敬愛し、一人ひとりを尊敬することによって、解放へと導くと云う確固たる理性得て社会平和を祈る最も高い崇高な理念を持った内外を問わず、最後にも重ねるが、全国同和社は全国民の賛同を得ながら対象地域を中心として民主的な運動を進める中立公正な立ち場で、「自由」「民主」「公正」「平和」の義旗を高らかに揚げ、国民の皆様と一緒に乗り越えて行えて行こうとする全国的大衆運動団体であることを目指している。



もし良ければ、「いいね!」シェアください。